2004年 12月 27日
M-1
をはじめて全部通してみたので、初見者なりにいろいろ書いてみます。

あ、敗者復活とかは見れてません。だってWOWOWしか入ってないから(ぉ)

詳しい情報はおりたさんとこが良いかと。


---------------------


まずは「POISON GIRL BAND」

うん。すごいんですわ。僕の目指す理想系っていうのがこんな感じなんですわ(謎)



こういう系の漫才(?)が流行らない理由の一つとして、

ツカミで客の心掴み損なって、2人で自分達の世界にフェードアウトする人達が多い気がするんですが、

この2人にはすんなり引き込まれるものがあったんですよ。

これは独特のふいんき(←ふんいきだという事はわかっている)を持ち合わせてるからだと思います。

とりあえず、そこが最強。

序盤で世界に引き込んでしまえば、後は何やっても「そうきたかよ」的に

敏感に反応してしまうんだ。すごいよなぁ。



惜しむらくは、芸風のせいもありますけど、

ラストにインパクトのあるものは持ってこれないという点か。



長距離ランナーで例を挙げると、

滅茶苦茶速いラップを刻めるけど、ラストスパートができないピッチ走法の選手みたいな。

ピッチ走法とストライド走法の人が同時にラストのトラックに入ってきたら、

スパートのきくストライド走法の人の方が有利です(疲労度は同じと考えた時ですが)



まあ、全体的に楽しめる(引き込まれてる)ので、そのままの感じで終わった方が

なんというか、余韻に浸れるところもある気もしますが。


---------------------


で、「南海キャンディーズ」

はてなで調べた所、ツッコミの山里氏は「ガチンコ!」出身との事(ガチンコ!時はボケ)

いろいろあって、しずちゃんとコンビ組むようになったらしい(詳細は2学期です)

で、コンビ結成1年目。

個人的にまだツッコミに安定感がないような気がしました。あくまで個人的に。


そして、しずちゃん。しずちゃんラブ。いや、ラブっていうか「敬愛」の域です。

個人的主観というか個人的願望なんですが、

最終決戦で井上和香に絡む必要はなかったんですよ。絡んで欲しくなかったんですよ。

しずちゃんと井上和香だったら比較対象にならんでしょう。道端の小石と争ってもネタにはならんよ(言い過ぎ)

相手にならないことは口に出さずともわかっているので、敢えて言う必要はなかった。それだけです。

しずちゃんにはもっと我が道を突き進んで欲しいと思います。

我が道を突き進んで欲しいので僕の願望なんて参考にしなくていいです。


---------------------


最後に「アンタッチャブル」でも。

アンタッチャブルはこれまでの優勝者とはやや毛色が違うというか。

いわゆるお笑いブームというのが来ていて、メディアへの露出度が既に高かったと思います。

これまでの優勝者は、優勝してからメディアへの露出が高まったというパターンだと思うんですが、

その点では全くの逆です。

司会の今田さんが冒頭で「慣れ過ぎてる」的なことを言ってた気がしますが、言葉通りで。

ネタ時間も最も短くまとめてましたし、その短い中で一番笑い取ったと思います(大きさではなく回数)

途中でドッカンドッカンくる分、最後が弱い気がいつもするんですが許容範囲です。1000万ください(何故)



今思えば、ボキャブラの時は芸暦短かったんだなぁとか思う。

まだ20代ですもんね(ぉ)


---------------------


「笑い飯」について書くの忘れてた。大好きだ(ぇ)


---------------------


よし、書いた。自己満足。
[PR]

by riza_59 | 2004-12-27 10:20 | 日常・雑文


<< 「なるほど!ザ・ワールド」拝見記念      韓流 >>