2004年 12月 31日
雪が積もった
朝起きたらこんな光景が広がってまちた。

b0023046_1175499.jpgb0023046_1181282.jpg





















僕は思いましたね。

「なんじゃこりゃあ!」

と、松田優作ばりに。



僕が昨日窓の外に注意を払ってなかったのもいけなかったんですが、

雪が降るという話を全く聞いてなかったので、起きて窓の外見た時必要以上にびっくりしました。

「雪振るのぐらい普通だろ」って思うかもしれないんですが、

まあ、屋根に雪積もるぐらいなら年に何回かあるんですが。

道路に雪が積もるとなると、話は変わってくるんですよ。多分オリンピックレベルです(4年に1回)



僕は小学校2年生の時に雪合戦をしました。何故か?

僕が生まれて、物心ついてからはじめて雪が積もったからです。

ちなみに5時間目の授業中でした(多分) 授業が中断しました(本気で雪なんて滅多に積もらないから)

その時、雪球が耳に入って痛手を受けたのはまた別の話。



その後も、今日ほど雪が積もった日というのも1~2回ぐらいしか経験してません。

だから、僕にとって「雪が積もる」という現象は非常に珍しいものなのです。

しかも、なんでよりによって12月31日なのか。狙ってるのか、雪は(狙ってない)

まあ、クリスマス24時間更新してた時にこんなになってたら

僕はパトラッシュに疲れた事を告げて、永遠の眠りについていたかもしれません。そうならなくて良かったね(僕が)



お昼に室内温度が8度(一桁)だったのは今年最後になって最低だったと思います。

いや、ここ1週間しか「強制通気形開放式石油ストーブ(正式名称)」を使用してないので、

とどのつまり、ここ1週間の中で最低としか言えないんですが。



「さあ、久しぶりに外で雪合戦でもしようか」

と思ったのですが、やめた。

だってお外は寒いもの。



…ホントのこというと、一人でそんな行為をする事が寒いもの。

誰か「やろう」って声かけてくれたら、考えなくもないよ(なんで偉そうなのか)


---------------------


今年最後の更新(?)となりました。

僕は忘年会を行ってないので、今年のことはきっと忘れません(アルツ気味になって忘れそう)

メールについてはこれから返信するのでしばらくお待ちくだされ。



それでは、良いお年を。
[PR]

by riza_59 | 2004-12-31 11:29 | 日常・雑文


<< おめでとうございます      手に入れたよ… >>