2005年 03月 15日
京都と大阪に行ってきますた その2
その1

---------------------



前回のあらすじ:

京都にて、メンバー4名が集結。

これからドキドキワクワクアドベンチャーがはじまるよ!

---------------------



とりあえず、みんな昼食をとってなかったらしく、その辺をブラブラしながら食を探すことに。

僕は、いつもの如くお腹が空いてなかったので、皆さんに任せることにした。

…んですが、結局中に入ったのは「なか卯」であり、僕の要望が通ってしまいました(ぉ)



U字テーブルに向かい合って4人で座ろうとか話してたのですが、

吉野家じゃないので邪道な気もしますた(謎) 豚丼( ゚Д゚)ウマー

正直、豚丼の中だったらなか卯だけが受け付けるという感じです。

そんな「なか卯」も「すき家」と統合ですか。一発変換できないよ、すき家。



お腹も満たされた4名は、ちょっとした運動も兼ねてボウリング場へ。

向かう途中、路上でボウリングの券をもらってたので、若干安く上がりました。

ちなみに、行った場所は「京劇ドリームボウル」。なんかカコ(・∀・)イイ!!



「記念に持って帰ってください」って言われて、今現在、ボウリングのスコア表が僕の手元にあります(全員分)

これは「晒せ!」って遠回しに言ってるんですよね?(ぇ)

という事で、第二次ボウリング対戦のスタートです(謎)



順番をじゃんけんで決めました。chiakiねーさんが一番勝ち。

この時点で既に、ねーさんは神ががってたんじゃなかろうかと思います。



投球順は次の通り(敬称略&名称は画面に表示された原文ママ)

1.オガ
2.めぐみ
3.ちあき
4.RiZa


なんか、僕の「Z」が大きかったようです(ぉ)


b0023046_13543726.jpg





証拠画像↑



---------------------



そして、死闘は始まった。

ホントに、一番端っこのレーンで良かったと思っている(なんか名前がアルファベッドなだけで不安を覚えるから)



1G目。

オガタさんボウリングがうまいらしいという事前情報があったので、左手で投げることになりました。

その結果、1レーン目のスコアは「0」。

この後、一投目を左手、二投目を右手という変則ルールが決定。



めぐみさんは「私が一番下手だから~」と、謙遜しつつ、1G目の最高スコアを叩き出しました。

もう、アレだ。「マラソン大会、一緒に走ろうね♪」と、友達に言っておいて、

最後、ラストスパートで友達を置き去りにするようなお方
(嘘です。すごくいい子です)

そういえば、昔にもこんな事があったなぁ…と、第一次ボウリング対戦のことを思い出したのでした(Birth!時代の遺産)



chiakiねーさんは、なかなかマーク(スペアかストライク)が付かずに、途中でちょっと泣きそうになっていましたが、

1G目10レーンの1投目に見事ストライクを叩き出し、3投目を投げるのを忘れるぐらい喜んでました(ぉ)

投球を続けるにつれて、安定感が増していきました。男前です(ぇ)



そして、我らがRiZaさんですが(短期間改名)

もう、引きこもってるだけあって、投げても投げても盛り上がらないの。うまい空気を作ることができないの。

一番安定していたのは僕だと思いますが、それは悪い意味でです。だって、スコアが底辺なんだもの。



とりあえず、1G目の結果発表。


めぐみさん:123
RiZa:91
chiakiねーさん:81
オガタさん:72



3桁いってるのがめぐみさんだけという波乱の幕開けです。

これを機に、オガタさんは2G目より名誉挽回ということで右手1本にチェンジし、本気モードとなりました。



そして、早速、2G目の結果。


オガタさん:128
chiakiねーさん:107
めぐみさん:87
RiZa:85



なんというか、このワタクシ、定位置にたどり着いてしまいました(ぉ)



オガタさんは「お金がかかればもっとスコアは伸びますよ♪」と、

爽やかギャンブラーな所を魅せつつも、トップはがっちり押さえました。

プレッシャーに弱い僕とは真逆であります。



chiakiねーさんはストライクを散発で3つ出して、スコアを3桁まで引き上げ。

ここまでスペアは一つもなく、Gかストライクか。男らしさ、花満開であります。



めぐみさんは、オガタさんの真似で最初の1投目を左手で投げた後、何かしらバランスが崩れました(ぉ)

ボールがナチュラルシュートする現象が多発し、最後の10レーンでガーター2連発。

1レーンと10レーンをガーターで締めるという技を披露しつつ、87のスコアを記録。



そのめぐみさんより低いスコアを叩き出したのが僕でした(ぉ)

最初の一投目を左手で投げ、「あ、これは無理だ」といち早く察知するヘタレ心を持っていました。

7レーンを越えても50にすら達しておらず、「このレーン50目標にしていいですか」と、嘆いてみたり、

駄目男さを露呈し続けていました。8レーン目でようやくスペアも出て、9レーン目で72まで伸ばしました。

そして、10レーン1投目でストライク(この日、最初で最後のストライクでした)

通算スコアは82であり、あと2投で5ピン倒せばめぐみさんに追いつけるというこの場面。

2投目、力が入って3ピン、「本気で投げた」と、本人談の3投目は見事にガーター。

結果、85と2G目の最低スコアを叩き出すこととなったのでした。



「Rizaさん優しい~」という、暖かい声が僕を包みました(´・ω・`)ホンキデスタ



そして、3G目。これが最後の勝負となりました。



オガタさんは序盤200ペースでとばすものの、最後の2レーンが9ピン×2で133。

お金がかかっていたら、150には到達したでしょう(ぉ)

ここまで男らしかったねーさんは、これまで一つもなかったスペアを5つも出し、テクニシャンぶりも披露。121。

めぐみさんはちょっとお疲れモード。とはいえ、スペア2つ、ストライクも1つ出して、81。

総合でストライク数4、スペア数6はオガタさんと全く同じ数値でした(ぉ)



そして、自分の最後のゲーム。ここまで3桁を出していないのはただ一人(自分)

このままでは男が廃る…ということで、最後のゲーム、頑張ることに。

3レーン目でスペアをとり、序盤は悪くない。…と思いきや、次の投球がガーターでスペアを帳消しに(ぉ)

とはいえ、その後はスペアの後に9ピン、スペアの後に8ピンと、スコアを伸ばしていく…。

3G目に入って、「やる気なし投法」というのが自分の中で完成しつつありました。

自然に放たれたボールは、やや左に曲がっていくというオーソドックスな投法です。

これまでは、右に曲がるボールを投げていたために、中指を良く負傷していたのですが、

「やる気なし投法」のおかげで、手にかかる負担は少なくなりました。



9レーンを終わった時点で93。決して高い数値ではないですが、3桁を充分狙える位置にいました。

…来たな、プレッシャー!

プレッシャーに弱い僕ですから、当然のように動きが硬くなりました。

1投目、やる気なし投法で投げるものの、左に曲がらずストレートボールに。結果、右端3ピン倒すのみにとどまる。

そして、運命の2投目。ここでスペアを出しておけば、113にすら手が届く。

さっきの失敗を利用して、やや左に立ちつつ、ストレートボールを投げました。よし、完璧だ!

…そして、綺麗に左に弧を描くボール。Σ(゚Д゚;エーッ!

左端になんとかボールは当たる。1ピン…2ピン…



そこで、ピンは倒れることをやめた。98。

その2桁のスコアだけがそこに残りました(´・ω・`)





○| ̄|_


↑自然と上のようなポーズをとってました。そんな負け組。マジでおすすめ。



---------------------



総合結果:

オガタさん:333(アベレージ111)
chiakiねーさん:309(アベレージ103)
めぐみさん:291(アベレージ97)
RiZa:274(アベレージ91)




えーと、ぶっちぎりで最下位を(σ・∀・)σゲッツ!!しました。

泣いていいですか つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚




---------------------


また、2時間ぐらい書いてました…(´・ω・`)

書いても書いても終わらない…でも、それだけ内容の濃い、楽しい会だったのだと思いますよ。



多分、次回に続きます。





その3へ
[PR]

by riza_59 | 2005-03-15 15:33 | OFF会


<< 京都と大阪へ行ってきますた その3      京都と大阪に行ってきますた その1 >>