2005年 03月 17日
京都と大阪へ行ってきますた その3
その1 その2

---------------------



長いよー。辛いよー(マテ)



そういえば書き忘れてたこと、書いておきます。

なか卯に向かう途中に雨が降り出しまして。

雨男の本領発揮ということだったんですが。なか卯に入ったら雨が止んだんですね。

なので、僕がなか卯から出たらまた雨降っちゃうかもしれない…と思って、

既に先に出たオガタさんに向かって、



「まだ、外に出ない方が良いでしょうか? 外でに出たらまた雨が降るかもしれませんし」



って、自動ドアの所から、声をかけてたんですよ。ちょっと冗談交じりに。


そんなことを言ってたら、素で自動ドアに挟まったね。



---------------------

前回までのあらすじ:

京都に集いし4名は、腹ごなしをした後、ボウリング場へ向かう。

そして、管理人は最下位という栄誉を勝ち取り、ボウリング場を後にする(負け組最有力候補)

これから、さらにドキドキワクワクのアドベンチャーが待っている予定。

---------------------



あのね、僕、最近靴のサイズが小さくなってきてるの。

昔は26.5の靴はいてたんだけど、今は26.0がぶかぶかなの(ぉ)

多分、靴のサイズのせいで僕が最下位だったと思うよ!(理由にならない理由)



さて、敗者の嘆きが終わったところで、4名の戦士達は次なる目的地に向かいました。

その名も「カラ・オーケストラ」。略して「カラオケ」。

ボウリング場の隣といっても良い位置にあったので、そこへ入りました。



なんか、人が多かったみたいで20分ぐらい待たされました。

しかし、こんな待ち時間も楽しいトークの時間であり、全く無駄ではなかったのです♪

ホントにそういう意味では濃いOFF会みたいなものでした。いやっほー。



そして、個室へレッツゴー。

個室で何が行われたか…というと、それはカラオケです(自分でも何が言いたいのかわかりません)



多分、僕が最初に先陣を切って「ココロオドル」を歌ったと思います(`・ω・´)

その後、皆さんの歌を聴いていたら…うまいことうまいこと!

僕を含めた、周囲の人間達と彼らのレベルの違いを知ることとなりました。恐るべし、近畿地方(ぇ)

僕が歌ったのを覚えてるので書くと、

「シャアが来る」「ネオメロドラマティック」「賽は投げられた」
「飢えた太陽」「BREAK OFF!」「ロストマン」「Drastic my soul」


とりあえず、このぐらい。

中でも「ネオメロドラマティック」が好評でした。わーい♪



オガタさんは爽やかさを捨て去って、

「わぴこ元気予報!(きんぎょ注意報!オープニングテーマ)」を可愛い声で歌ったり、

いろんな意味で幅の広さを見せつけてくれました。もちろん、真面目に歌ってもうまいのですが(ぉ)

そう考えると僕は真面目なのばかり歌ってしまった…(シャアが来るも真面目ですよ!)



めぐみさんは、無茶苦茶ビブラートが綺麗で、もうやばかったです(何が)

中でも「タッチ」が極限まで似てました。これはもう、本物だろう…というぐらいに(汗)

他にも「微笑みの爆弾」も良かったです。あーりーがっとーごーっざぁいぃぃーーーまぁすっ!!



chiakiねーさん(復活の予感)は、うまいし、声量がすごくて。

パワフルなのです。アニソンでも、邦楽でも、なんか圧倒される力を持ってました。

「圧倒的じゃないかっ!!」というような感じでございました(ぇ)



---------------------



そこまで長いわけでもなかったですが、内容の濃いカラオケは終わりを告げました。

これは文章ではあらわせません。その場にいないとわかりません。はい。



その後は、ご飯を食べることになったんですが、

特に当てもなくブラブラと。この辺の適当さがこのOFFみたいなものの売りです(?)



焼肉を食べることになって、お店に入るものの、満員で。

一応予約しておいて、他の店も探すということにしました。



隣に神社(?)があったので、お参りしてみることに。

鳥居についてた紙でリンボーダンスまがいなことをしたのは秘密です!

いろいろとケチつけながら神社は後にしました(罰当たり)

めぐみさんとねーさんはちゃんと祈ってたみたいですが(汗)



その後、曲がった通路をみんながまたいでショートカットしていく中、

足の短い僕は曲がった通路を華麗なドリフトでコーナリングしてたら、みんなに置いていかれたりしてました。


そんなことをしてると、電話が。どうやら、席が空いたということで。

予約をしたお店に戻りました。



…そして数分後…

鉄板に敷き詰められた肉がありました。鉄板が見えないほどです。

ねーさん曰く「敷き詰められてないと落ち着かない」ということだそうで。

そういえば、「敷き詰めることが、あたしの使命」とまで言ってたような。熱いです、ねーさん。

なくなったら、なくなった部分にすぐに新たな肉が。食べても食べてもなくならない。

まさに、今回のOFF会みたいなものレポと同じような状況をテーブルを挟んでやってた訳です。



割と早めにオガタさんが「みーてーるーだーけー」的な傍観者になりつつも、

強引に食べさせられたりしてましたホントは結構欲しかったみたいで、おいしく食べてました♪

僕も「これが焼けたよ!」って言われたら、すぐさま食べさせていただきました!

「これが焼けたよ!」=「これを早く食え!」という意味なんかじゃありません!間違いなく!!



---------------------



楽しい食事を終えて、お腹が破裂しそうになった男性陣

そろそろめぐみさんとお別れする時間が近づいてきていました。

みんなで改札まで行って、そこでお別れしました。ちょっと泣きそうになりました(ぉ)

めぐみさん、また機会がありましたら一緒に遊びましょう♪



---------------------



次回予告:

3名になった、OFF会のようなものチーム(チーム?)

次に向かったのは果たしてどこなのか?

謎が謎を呼ばない「京都と大阪へ行ってきますた その4」を待て!!






その4へ
[PR]

by riza_59 | 2005-03-17 00:56 | OFF会


<< スポーツ      京都と大阪に行ってきますた その2 >>