2005年 05月 22日
昨日のお話
朝からほげほげやってると昼になったので、家を出発。

今日は、ウチの母上が通っているピアノ教室の講師の人達がコンサートを開くということで、

それを聞きに行く事になったのです。1人2000円(ぉ)



聞くところによると、ウチの母上の先生は短大卒の社会人2年目ということで、

なんと、僕より年下なんだそうです。まあ、どうでもいいんですが。

すいません。まちがいました。もういいです。



若干早く着き過ぎたため、開場されるまでの時間が微妙に余る。

あと、黒服で行ったので光を吸収しまくって暑い。擬似光合成(違)



開場。なんか映画館みたいなイスです。

こんなイスに座ったのも「少林サッカー」以来か。

なんか、隣に座った女の人が異様に背が高い。171cmとか言ってたような気がする。

多分、普通に立ったら僕(173cm)より高いだろう。僕が猫背な分と、女の人がハイヒールな分。



とりあえず、女性率が異常に高かった。あと、子供も多い。

以上2点から、子供にピアノを習わせていて母親と一緒に講師を見に来ている人が多いのであろう。



コンサート開始。

子供の興味を引く意味もあり、アニメを放映しているNARUTOの曲ではじまる。

ボーカルが二人。異様なまでにノリノリである。むしろ、子供を勢いつけるために必死。

しかし、子供は開場の雰囲気で少し緊張していたのか、大人しい。

ボーカルの片方の人が、引くに引けなくなって壊れる。完全に浮く(´・ω・`)



いきなり出足くじかれた感じで次の曲目へ。

「RHYTHM performance」ということで、壁にいろんな鍋をぶら下げて叩くというアレです。

なんか30秒ぐらいで終わったので悲しかった(ぉ)



次は一転して大人の曲といった感じ。

「燕返し~我ココニ侍フ~」「T.K.O~それちょっと早くない?~」の2曲。

ふむふむ、と聞き流しました(ぉ)



その次の曲で衝撃が。「Ramdash」って曲なのですが、

「ドリマトーン(と、書くと何処の製品かばれる罠)」を巧みに使って、

ソロで見事に弾いてみせました。



帰宅後にググって、今日、Ramdashが収録されているTRIX「INDEX」をAmazonで注文したのは秘密です。

あーーーーまーーーーーぞぉぉぉぉーーんんんん!!!!

おーおーぞらにきけぇぇぇー! おぉぉーれぇぇーのおぉおおおなはぁぁぁーーー!!

あーーーーまぞぉぉぉんらいぃぃだぁぁあああー! こぉーこぉーにぃあぁぁーーりぃぃー!!

ぁ、くるならぁぁーーーきてm(ry




次は、オペラ座の怪人で有名っぽい曲と、えなり。

じゃなくて、ハウルの動く城の人生のメリーゴーランド。

さらには、ディズニーの曲というメドレー。母上の先生もこの曲に参加しており、見事な指さばきをみせてました。



休憩前の一曲は、「RHYTHMperformance」をパワーアップさせたようなバージョン。

講師全員パイプイスを持って登場。場外乱闘でも起こるかと思いましたが、そうではありません。

イスを叩いてリズムを奏でるみたいなのをやってました。

最初でテンションが上がってしまったボーカルの人は、ステージの隅でいろんな音を鳴らしてました。

紙風船叩いたり、傘を開いたり閉じたり。最終的に風船割ったり。

音を出す度に「ヘェェイィィ!!!」と叫ぶのですが、それが物悲しく。



休憩。

一歩も動かず座ったまま過ごす(ぉ)



後半戦開始。

何故か後ろの辺の4人がアフロになる。

一人は黒であと金髪。みんな仲良く暮らしてる。さあ踊りましょう。

出典:アブラヒモビッチは7人の子



アフロショーが終わった後、またまたソロ演奏。

さすがはピアノ講師。ピアノはお手の物です。

…と思ったら、演奏終了直前でピアノをリズム良く叩き始める!

ドラムをやったりする人だったので、禁断症状が出たようです(違)



さらにソロ演奏を挟んで、演奏会も終盤へ。

最後は講師全員で、歌を歌って終了。

良い曲とも出会えましたし、楽しかったので良かったです。



帰りにオニポテ食べました。( ゚Д゚)ウマー
[PR]

by riza_59 | 2005-05-22 12:53 | 日常・雑文


<< 何気なくない日常      ヤバス。ネムス。 >>