2005年 07月 17日
ボウリングに行ってきました
昨日、結局3時間ぐらい寝てボウリングへ。

バスで向かってる時に、ためいきをついてたら運転手さんに励まされる。そんな田舎。



---------------------



ボウリング場に到着。

早過ぎた為か、入口に鍵がかかっている始末。

外は暑い。おまけに僕は黒づくめな上に長袖だ。



しばらくしてなんとか中に入るものの、既に疲労感は拭えなかった(立ってるのがだるい)

同期のO氏とO課長が来て、メンバー集結。両方Oということに気付く(今ここで)

受付を済ませて大会開始の合図を待つ。

なんかよくわからん挨拶があって、投球練習開始。



堅実にピンを倒していくO氏。

パワーでピンをなぎ倒すO課長。

溝掃除をする自分。

三者三様なボウリングへの取り組み方で投球練習を終える。



そして、大会開始!

大会は三人の2Gのスコアの合計を競う、短期決戦…!



O課長は投球のコントロールに僅かなズレを感じていた。

「投球練習がなかったら…」

序盤はヘッドピンをはずすとカバーできなかったり、単発ストライクなどで思うようにスコアは伸びず…。

ちなみに投球練習時に「ターキー+僕が倒した7ピン(スプリット)をナイスカバー」

完璧な投球をみせていただけに、本当に悔やまれる。



O氏の堅実なボウリングは序盤から顕著に表れる。

5レーン目までは全てスペア以上のノーミス。

みるみるうちにスコアを3桁に近づける。



一方、投球練習初球で見事なガーターを見せつけ、

隣のレーンの人に笑われた黒づくめの男。

「投球練習がなかったら…(やばかった)」

と、思いつつも「投球練習の調子でいったら本番でも同じ結果じゃない?」

というO氏の痛い一言を受ける。

とりあえず、平松のカミソリシュートばりには曲がらない、

シュート系の回転をするストレートボールで1レーン目初球は9ピン倒す。2投目は倒せずスコアは9。

ガーターではないだけに、投球練習があったからこそこの記録がうまれたといえる(そんな大層なものではない)



これで勢いに乗ったのか(?)2レーン目に奇跡のストライク。さらにストライク時回るルーレットで777を出す。

これが出ると、3ゲーム中1ゲーム無料のサービス権が貰える。

別に大会でしか貰えない訳ではないので、出した意味は薄い。ボーナスポイントとかないしね。

さらに勢いに乗ったのか(?)3レーン目に奇跡のストライク2号を達成し、ダブルとなる。

しかし、コンピュータの誤動作により僕のストライクが記録されない。

とりあえず、係の人を呼んでスコア修正をおこなう。

さらに3レーン目、9ピン倒すもののまたもやスコアに反映されない上に

10ピン丸々出てきて、今度は9ピンのスコアを消してもう一回仕切りなおす事に。

7ピンしか倒せず、スコアが少し落ちたもののなんとかスペアが取れたので結果オーライ。



5レーン目でスペアが取れなかったもののスコアは80。

いつもはスコアが100行くかどうか微妙な僕としてはかなりの高記録であった。



この後、僕はややスコアに伸び悩むものの

O課長の調子が復調。最終的には150までスコアを伸ばす。

O氏は6レーン目より調子を崩し、スペアが取れなくなる。

「ちょっとボール貸して」と僕のボールを使うと、左右に2ピン3ピンと分かれるスプリットになり、泥沼。

最終的には1ゲーム目、130台に終わる。



そして、僕は6、7レーン目でスペアすら取れずスコアは97。全然伸びてない(´・ω・`)

なんとか8レーン目にストライク、9レーン目で9ピン倒して125までスコアを伸ばす。

そして、10レーン目の初球でガーター、2球目で1ピンという

驚異的な集中力のなさ、プレッシャーへの弱さを周囲に見せつける。



2ゲーム目は、O課長がスプリットを連発し、

ピンアクションに恵まれず、カバーもうまくいかず100点台に。

O氏は淡々とスペアを取り続けて160点オーバー。

僕は2、3レーンでスペア。4、5レーンでストライクとさっきみたいに序盤で稼ぐも

後半伸び悩む。とはいえ、最終的には147で生涯歴代2位を記録を達成。

2ゲームとはいえ、アベレージ136.5は生涯最高記録となりました。いつもはスコアが安定しないので。



結局、団体で9位としょっぱい結果に。

まあ、30チーム以上あってベスト10には入ったのでよかったかと。

優勝は僕らの隣で投げていたチーム。

女性はハンデとして20ピン加算されるんですが、そのチームは女性が2名。

片方の女性はハンデも合わせると男女で一番高いスコアをたたき出した人。

もう片方の女性も女性部門で3位。

二人ともハンデ無しでも僕のアベレージ軽く越えてるんですが(ぉ) 女性ハンデ禁止sage。

結局優勝したチームだけ合計ポイントが1000を越えるという断トツな結果に。



あと、子供使って参加してるチームのブービー狙いな部分が垣間見えたのが悲しくなりました。

同じ会社から何チームも出してて、子供に投げさせまくってる所が何個かあって、

その内一つが結局ブービーに。大人はセコイね。



その後、夜から飲みに行って、帰宅して就寝。

これから休息します。
[PR]

by riza_59 | 2005-07-17 12:53 | 日常・雑文


<< 13600円あまり      ネムスwwwwwwwwwwww... >>