2005年 12月 03日
笑い声を正確に文字で表現したら多分キモイ
ということに気付いたんですよ!
「あっはっはっは!」
とか爽やかな笑いは、心の底から笑ってない、
言わば「作っている笑い」なので却下
僕が求めているのはそんなものではないのです。

自分の静かな笑い声を録音してみた。

「…フ…フフフンッ…フンフンフフフンッ…」

大して笑ってないのに、文字にしたらだいぶ不気味。
ちなみに、口を閉じて鼻から抜く感じで笑った場合、こうなる。
…僕の笑い声が不気味なだけかもわからんね(´・ω・`)

でも、高校時代に
「トゥハハハハハ!!」
って笑う人もいたぐらいだから、結構いろんな笑い方ってあると思うんです。

漫才とかの番組の観客の笑い声を聞き取ってみた。

「フゥィッヘッヘッヘッヘァッハッハッハッハッハッハッ!!」

女性のかん高い声でこの笑い。
ファルセットを多用した腹の底から出る作っていない笑い。
これはやばい。心から笑ってるよ!!
「ヘァッ」の部分で「ヘ」から「ハ」に移行している部分に注目。



漫才を見ながら笑って録音してみた。

「ふぅあぁっ あぁっ あぁっ あぁっ あぁっ…」

駄目だ。ちょっと元気が出た廃人っぽい感じになってる(謎)
「あぁっ」も正しい文字で表現できてるとは言い難い。少し息を抜きながら発する感じを
文字で表現する事ができない。やはり文字には限界がある…。
まだ本気で笑えてないので、腹の底からというより、喉の奥から出ている感じ。
「あぁっ」の間に半角スペースが入っているのは一瞬息が抜ける部分が入っているのを表現。

「細かすぎて伝わらないものまね」を見て本気で笑ってみた。
結果、そんなに変わらず。今は社宅にいるからごく自然に
近所迷惑を考えてしまっているのかも。何気に自分の笑い声って低いなと痛感(´・ω・`)

すごく面白いんだけど、笑いをこらえて、緩む口を閉じながらも声が漏れてしまう笑い。

「フゥンアァッ フフフンッフンッフフフンッ」

どうでもいいけど、この題材のマニアックさはなんなんだろう。
後半、鼻から抜く感じの笑いと同列。
やっぱり自分一人ではバリエーションに限界がある。

---------------------

そんな訳で、皆さんも夜な夜な自分の笑い声を録音して、
文字に起こしてみればいいと思うよ!
そして、恥ずかしげもなくコメント欄にうpだっっっ!(ぇ)

最終的に、その作業工程を家族や隣人に一部始終観察されてください!
ヒトリ デ デキタ!(ジーコ)
[PR]

by riza_59 | 2005-12-03 10:32 | 日常・雑文


<< キャプテソ翼Flash更新      笑金 >>