2006年 01月 02日
箱根駅伝往路メモ
あとで書き足すかもわかりません。

・日体大の鷲見、今年も1区で飛び出すも、目を離した隙に失速。

・順天堂の1区、佐藤秀和。それなりの走り。話題にし辛い。

・大学になって花開いた、1区中央学院大学の木原。 そして、中央学院大学一時最下位に。

・2区、鷲見の失速をフォローした保科の区間3位の走り。

・2区、日本大学サイモン、まさかの大ブレーキ。
 対する山梨学院のモグス、区間記録に迫る快走。

・2区、区間記録の重み。早稲田渡辺の連続記録更新から、さらに更新した順天堂三代。

・東海大、1・2区が不安なオーダーかと思わせるものの、
 2区に前回大会の1区で区間賞を取った丸山を配置。しかし、区間12位に終わる。

・東洋大学、今後が楽しみな1・2年。

・3区、東海大学のスーパールーキー佐藤悠基、区間記録を大幅に更新する快走。
 区間2位に1分31秒差をつける。

・去年のスーパールーキー、中央大学上野、去年の1区区間19位のリベンジを誓うものの、
 同じ高校出身の1年後輩に破れ、区間3位に沈む。

・日本大学福井、サイモンのブレーキをカバーする区間2位の走り。
 チームを6位に押し上げる。

・4区、中央大学小林、ついに首位奪取に成功。
 たすき渡し直前に足が痙攣するハプニング。

・順天堂村上、去年と比べ短くなったこの区間で区間賞の走り。9位→6位に。

・5区、山登り。山頂付近は激しい雪が降るほどの気象状況。
 そして、今年から23.5kmと全区間中の最長区間に。

・山登り、去年笑いながらの激走で従来の区間記録を2分以上更新した、
 順天堂の今井。今年も無敵ぶりを発揮。
 区間2位に1分の差をつけ、一気に首位へ。往路優勝の原動力に。

・対照的な東海大学2年生エースの伊達。ペースに乗れず区間18位の大ブレーキ。
 順位も4位から8位へ後退。

・駒沢の村上、マイペースを貫き区間2位、往路順位も2位に。トップとは30秒差。
 総合優勝を狙える高位置へ。

[PR]

by riza_59 | 2006-01-02 23:16 | スポーツ


<< 血っ血危血ー      箱根駅伝直前情報 >>