2005年 12月 04日
ムービークリップ内からシーンの移動はできません
またまたキャプテソ翼を更新しました。
見た目は全く変わってないので意味はないです。
ソースコードを関数使って書き直しただけです。
逆に不具合が出たかもしれないので無理して見なくていいです。見ないで!(ぇ)

---------------------

シーンを移動する時に、ボタンなどに

on (release) {
  gotoAndPlay("シーン 2", 1);
}


などと書くと、何の問題もなくシーン移動ができるのですが、
ムービークリップに書いてもうまく動作しません。

onClipEvent (keyDown) {
  _root.gotoAndPlay("シーン 2" 1,);
}


↑これだと動作しない。

どうやら、シーン移動の時は「_root.」を付けると動作しないというログがありました。
「じゃあ、_root.を付けなければいいじゃない」とマリーアントワネット的解釈を
する人もいると思いますが、_rootを書かないと、ムービークリップそのものの
タイムラインを移動してしまう事になるので(ここは説明し辛いので詳細は割愛)
それでは意味がありません。

とはいえ、解決策がないわけではないです。
ムービークリップ内で「gotoAndPlay」を使わなければ移動は可能なのです。
つまり、メインフレーム上に書いた関数に処理を渡してしまえばいいです。

※ムービークリップ内に記述
onClipEvent (keyDown) {
  _root.scenejump (); //メインフレーム内にあるscenejumpの関数へ
}


※メインフレーム内に記述
//ムービークリップからシーン移動をする為の関数
function scenejump () {
  gotoAndPlay("シーン 2", 1);
}


これで、ムービークリップからでもシーン移動することができます。
[PR]

# by riza_59 | 2005-12-04 19:31 | Flash
2005年 12月 03日
キャプテソ翼Flash更新
ちょっと更新。
音声をカットしました。それだけでパブリッシュの時間が5秒は違うので(汗)
一応、獲得スキル一覧画面を作成。スキルがないので何の意味もない画面です(´・ω・`)
あんまりテストしてないので不具合が発生してるかもしれません。
まあ、前から不具合はあったかもしれないので気にしません(ぇ)

むしろ、この更新で楽しみは減ってるかも(´・ω・`)
とりあえず「ああああああああああああああ」。

※裏技のようなもの(キャラクターのレベルアップ)について書いておきました。
知ってた人には意味ありません(汗)


キャプテソ翼Flash
[PR]

# by riza_59 | 2005-12-03 15:25 | Flash
2005年 12月 03日
笑い声を正確に文字で表現したら多分キモイ
ということに気付いたんですよ!
「あっはっはっは!」
とか爽やかな笑いは、心の底から笑ってない、
言わば「作っている笑い」なので却下
僕が求めているのはそんなものではないのです。

自分の静かな笑い声を録音してみた。

「…フ…フフフンッ…フンフンフフフンッ…」

大して笑ってないのに、文字にしたらだいぶ不気味。
ちなみに、口を閉じて鼻から抜く感じで笑った場合、こうなる。
…僕の笑い声が不気味なだけかもわからんね(´・ω・`)

でも、高校時代に
「トゥハハハハハ!!」
って笑う人もいたぐらいだから、結構いろんな笑い方ってあると思うんです。

漫才とかの番組の観客の笑い声を聞き取ってみた。

「フゥィッヘッヘッヘッヘァッハッハッハッハッハッハッ!!」

女性のかん高い声でこの笑い。
ファルセットを多用した腹の底から出る作っていない笑い。
これはやばい。心から笑ってるよ!!
「ヘァッ」の部分で「ヘ」から「ハ」に移行している部分に注目。



漫才を見ながら笑って録音してみた。

「ふぅあぁっ あぁっ あぁっ あぁっ あぁっ…」

駄目だ。ちょっと元気が出た廃人っぽい感じになってる(謎)
「あぁっ」も正しい文字で表現できてるとは言い難い。少し息を抜きながら発する感じを
文字で表現する事ができない。やはり文字には限界がある…。
まだ本気で笑えてないので、腹の底からというより、喉の奥から出ている感じ。
「あぁっ」の間に半角スペースが入っているのは一瞬息が抜ける部分が入っているのを表現。

「細かすぎて伝わらないものまね」を見て本気で笑ってみた。
結果、そんなに変わらず。今は社宅にいるからごく自然に
近所迷惑を考えてしまっているのかも。何気に自分の笑い声って低いなと痛感(´・ω・`)

すごく面白いんだけど、笑いをこらえて、緩む口を閉じながらも声が漏れてしまう笑い。

「フゥンアァッ フフフンッフンッフフフンッ」

どうでもいいけど、この題材のマニアックさはなんなんだろう。
後半、鼻から抜く感じの笑いと同列。
やっぱり自分一人ではバリエーションに限界がある。

---------------------

そんな訳で、皆さんも夜な夜な自分の笑い声を録音して、
文字に起こしてみればいいと思うよ!
そして、恥ずかしげもなくコメント欄にうpだっっっ!(ぇ)

最終的に、その作業工程を家族や隣人に一部始終観察されてください!
ヒトリ デ デキタ!(ジーコ)
[PR]

# by riza_59 | 2005-12-03 10:32 | 日常・雑文
2005年 12月 03日
笑金
「わらきん」で変換したら「ワロタキン」になるのはいかがなものか。
Rizaです。

歴代M-1優勝者がし漫才をするということで見ようと思ったのですが、
中川家を見逃しました(´・ω・`) まんんんんーーーー(新幹線の音)
これも自分の部屋のテレビが映らないせいであり。
今は映るようになりました。配線とチャンネル合わせめんどい。

ますだおかだの途中から見ました。
岡田氏の面白さがだんだんわかってきました。今更。
ワンミニッツショーが途中で切られたけど、あのまま続いても多分笑い続けた自信がある(ぉ)

笑い飯。なまはげ。
なんかテンポ悪かったのかしら。ややウケ。

フットボールアワー。
家族がワイワイ言ってたのであんまり聞こえず(ぉ)
なんか見たことあるネタだったような。
どうでもいいけど、フットボールアワーで一番好きなフレーズは
岩尾氏の
「マークドナールドー」
の「ド」で上がり口調になって「アレンジすな!」と突っ込まれるヤツ。
CM自体が古過ぎて伝わりにくい(汗)

安田大サーカス。
噛み噛み。面白くない事はないんですけど、完成度が高いなという気は一度もしません。
これが「台本」より「キャラクター」で勝負するという芸人なのでしょうか。

アンタッチャブル。
山崎氏が今ほどテンションが高くない時代(?)に見たことがある目撃者的ネタ。
多分、オンエアバトルだったような。あの頃に比べると柴田氏が若干落ち着いて、
山崎氏がはっちゃけた感があるなと。
「ホントに(殺人現場を)見たんですか!?」
という柴田氏の問いに、
「見ました。ルックです」
と、やる気なさげに答える山崎氏が好きだった僕ですが、
「ルックです」のフレーズがなくて残念(´・ω・`)
アンタッチャブルはコンスタントに笑いを取るけど、オチがいっつも弱い気がします。
POISON GIRL BANDは、ずっとやや弱い感じだからそんなに気にならないんですけどね。

何はともあれ、笑うっていいなぁ。
[PR]

# by riza_59 | 2005-12-03 09:47 | 日常・雑文
2005年 12月 02日
3連休
今更どうでもいい告白
去年の4月からmixiやってます。
今働いてる会社に内定貰う前からだから、割と昔のように感じるわけです(ぉ)

だからなんだというのでしょうか。
とりあえず、書いておこうと思ったので書いておきました。それだけ。

いろいろと自分の中に溜め込むものじゃないというのはわかってるんですが、
割といつの間にか溜まってしまっていたりする。FF3の空手家だと暴発するレベル(謎)

明日から3連休。
とりあえず、いろいろと活動再開。
Flash以外にもやりたいことはあるので…(ぇ)
[PR]

# by riza_59 | 2005-12-02 21:13 | 日常・雑文
2005年 12月 01日
DAM
Sound Horizonのメジャーリリース曲を12月7日にほぼ全て網羅する予定だそうです。
これは、素晴らしい。
[PR]

# by riza_59 | 2005-12-01 22:03 | 日常・雑文
2005年 12月 01日
Googleデスクトップ
を入れてみました。
インデックス作成に時間かかりまくってます。
利用価値があるのかどうかはまだ謎。
でも、デスクトップが散らかってるので一応入れておこうかなと思ったわけです。

明日、代休を貰おうとしたものの、失敗。
今週だるいからもう休もうと思ったのだけど…。
かわりに月曜日にお休みいただきました。どっちにしろ3連休というヤツです。
この休みのうちに、また作り始めようかと思ってます…。
[PR]

# by riza_59 | 2005-12-01 20:20 | 日常・雑文
2005年 11月 30日
ポルポルポル

                            これを書く前に言っておくッ!
                    おれは今ある人物の発言をほんのちょっぴりだが拝聴した
                  い…いや…拝聴したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは男としてこれまで生きてきた…
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        と思ってたが、いつのまにか女にされかけた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何を言われたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    女装だとかビジュアルメイクだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


---------------------

※上は唐突に「性転換手術したら?」と言われた、僕の心情。
[PR]

# by riza_59 | 2005-11-30 22:00 | 日常・雑文
2005年 11月 29日
Flashの仕様?
今回のブツを公開するに当たって、一番頭を悩まされたのが、
「命令が2回実行されるバグ」でした。
それについて、問題と対策を少し書いてみようかと思います。
同じような悩みを持ってる方がいるかどうか謎ですが、
とりあえず、自己満足の意味もこめて書きます。

---------------------

まず、僕が書いたソースの一部を簡略化して載せてみます。


// 何かキーが押されたとき
onClipEvent (keyDown){

 // 上カーソル(↑)キーが押されたとき
 if (Key.isDown(Key.UP)) {

   ※カーソルを上に移動する処理

 }
 // 下カーソル(↓)キーが押されたとき
 else if (Key.isDown(Key.DOWN)) {

   ※カーソルを下に移動する処理

 }

 ・
 ・
 ・
}



これで↑↓を押すと、カーソルが上下に動きます。
普通に操作する上ではこれで問題ないのですが、
ある条件を満たすと、挙動がおかしくなってしまうようなのです。

とりあえず、このバグの特徴は、
「命令が2回実行されてしまう」
ことです。だから、上で書いた命令でも意図しない形でカーソルが2つ進んでしまいます。

発生させる為の条件としては、
上のようなソースを書いた後に、上のif文で定義しているキーを押した後、
すぐに、上のif文で定義していないキーを押すことです。
上では、↑と↓しか定義していないので、いくらでもバリエーションはあります。

例を一部挙げれば「↑←」「↓→」「↑A」「↓H」など。
最初に「↑」か「↓」を押して、次に「↑」か「↓」以外を押すと発生します。
ただ、一定以上の間隔を置くと、発生しません(連打しなければ発生しない)
とはいえ、かなりの確率です。

上の命令を忠実に実行すると、「↑←」とキーを叩いた時、
まず、

// 何かキーが押されたとき
onClipEvent (keyDown){
  ※中身
}

この部分は、2回キーを叩いているので、この中身の内容が2回実行される。問題ないです。

 // 上カーソル(↑)キーが押されたとき
 if (Key.isDown(Key.UP)) {
   ※カーソルを上へ移動する処理
 }

次に「↑」は上のif文で真なので、カーソルを上に1つ移動する。これも問題ないです。
が、その次の「←」を押したときもこのif文が真になってしまうのです、何故か。
当然、「←」に限らず、「→」でも「U」でも「R」でも同じように2回if文の中を通ってしまい、
カーソルが2回移動してしまう。理由はいまだに不明(´・ω・`)

スペースキーなどの実行ボタンでこのバグが発生すると、
場合によっては数値が破壊されたりもしました。
能力強化画面で永遠に能力上げ続けられたり(汗)

ちなみに、

// ↑キー以外を押したとき
if ( ! Key.isDown(Key.UP)) {
   // 何もしない
}
// ↑キー以外を押してないとき(↑キーを押したとき)
else {
   ※カーソルを上へ移動する処理
}

という書き方をしても無駄でした。
どうしても、2回命令が通ってしまう。

で、対策なのですが、別の角度から改善してみました。
タイピングゲームなどを作る時に全部のキーをif文で1つずつ制御してたらどうでしょう?
「なんてタイピングゲームを作るのは大変なんだろう…(´・ω・`)」となります。多分。

当然、別の方法があります。
キーボードを叩いた時に、キーコードを取得できます。
ここのキーコード一覧表を見ると、ほぼ全てのキーに数値が割り当てられてる事がわかるかと思います。
正直、このページには何度も助けられています。おすすめすよ。

そういうわけで、実践です。
何かキーを叩いたときに実行される命令の中の一番上で、キーコードを取得するようにします。
具体的に書くとこうです。

onClipEvent (keyDown) {

 // どのキーが押されたかを調べる
 KEYCODE = Key.getCode();

 ・
 ・
 ・
}

変数「KEYCODE」にキーコードの値を代入しました。
「↑」を押したら「38」、「↓」を押したら「40」が入ってる筈です。
で、さっきのなんでもかんでも通してしまうif文も修正。

 // ↑が押されていて、かつ、キーコードが38(↑のキーコード)であるとき
 if (Key.isDown(Key.UP) && KEYCODE == 38) {
   ※カーソルを上に移動する処理
 }

こうすることで、「↑←」と入力した時も、「↑」だけif文が通るようになりました。
当然、今公開してるバージョンでは修正済みです(ぉ)

そんな訳で、無駄に長くなって、寝る時間も相当削られた気がするんですが、
なんとか自己満足できたと思います。
これを見て、問題が解決する人はそうそういないと思うんですが、
なんらかの解決のきっかけにでもなれば幸いです。

プレイヤーが操作しやすい環境を作るのって、大変ですね。
まあ、キーカスタマイズできるようにすれば、
それぞれ、好みに合った環境は各々に作ればいいのですが(ぉ)
キーカスタマイズについても上に挙げたページで書いてます。ホントにオススメ。

やっぱり、開発者が苦労して作ったからわかってもらいたい部分って、
細かすぎる所だったりとかして、プレイヤーには伝わらなかったりはするんじゃないかなぁと。
そして、それはプレイヤーに伝わらなくて当然で…(細か過ぎるから)

難しいですね。
[PR]

# by riza_59 | 2005-11-29 22:30 | Flash
2005年 11月 28日
さて
免許証を紛失したわけだが。
特に困ってない。
[PR]

# by riza_59 | 2005-11-28 22:47 | 日常・雑文