2004年 12月 25日
47. 高校列伝 ~マシモの章~
第2話:7つの海をまたにかける男

マシモという男は高校にてその才能が開花させる訳なのだが、

中学の時点で、既に頭角をあらわしつつあった。



彼のくしゃみの方法は独特で、さらに恐ろしいことに

中学生の時と高校生の時のくしゃみの方法、発する言葉など全く違うのである。

「2種類のくしゃみを使い分ける男」として名は知られることはなかったが、

かなりのくしゃみ使いである事は、ものすごく一部の間で恐れられたのである。



さて、肝心のマシモのくしゃみなのだが、文字に表すと

















あぃっっっっはぁぁぁんんん!!



という感じである。

実質、くしゃみをおこなってる部分は「あぃっっっっ」の部分であり、

後半の「はぁぁぁんんん!!」は野球のバッティングで説明するならば、

バットをボールに当てた後、ボールを遠くへ飛ばす為のフォロースルーと同じようなものである。



彼は、なんとなしの語呂で「7つの海をまたにかける男 アイハーン」

一部で騒がれるようになり、中学生の時代に着々と土台を固めていくのである。

なんの土台かは謎だが。


---------------------


僕への質問、先生への質問、随時受けつけております。

思いついたら何度でもどうぞ(一度に複数書いてくれてもOKです)

もし、何かが間違って連続更新中に答えきれなくても、

質問が残ってたら終わるまでなんとか答え続ける所存です。
[PR]

by riza_59 | 2004-12-25 13:41 | 連続更新


<< 48. 質問に答えてみる その20      46. 高校列伝 ~マシモの章~ >>